スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

                              スポンサードリンク            
                             
    • 2017.08.14 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    介護施設の面接結果が不採用になる理由。

    0

      介護市場は現在も売り手市場。なのに何故不採用者が出てしまうのか。

       

      介護の世界は慢性的な人手不足なんで、売り手市場なのが現実です。

      ですが、中には不幸にも何社面接受けても落ちてしまう方がいます。

      どの様な方が面接で落とされてしまうのでしょうか?

      具体的に具体的にお話しさせて頂きます。

       

      未経験の方が介護施設の面接で不採用になる場合とは?

       

      3か月~半年以内の転職回数が5回も6回もある。

       

       

      家族が病気で倒れ、介護の為に退職したとか病気療養の為に退職したとか等のやむを得ない場合は採用担当者は認めてくれることもありますが、そうでなければ「うちで採用してもどうせまたすぐにやめるだろ」と認識されて見送られます。

      これは、介護の業界だけにとどまらずすべての業界に共通する事です。

       

      採用担当する側から言わせて貰いますね。

      沢山の人が集まる職場ではどこも多かれ少なかれあります。選り好みしてると職歴が汚れて働けなくなりますよ。

      最低3年〜5年位は我慢しましょう。それ位の期間我慢して働いてると逆にそれが転職した際の評価の判断材料になるんですよ。

       

      年齢が50代とか60代に達してしまってる。

       

      大体の施設は65歳定年制を採用しています。50代の方が正社員で応募された場合働ける期間はおそらく10年もありません。

      ベットからの移動なんかで腰に負担が来るからぎっくり腰をやるリスクを加味するとね。どうしても正社員として迎え入れる事を躊躇してしまうのですよ。

       

      ですから、高年齢の方と20代とかの若い方が面接に来られた場合20代の方を採用しようと考える経営者が多いんですね。

      でも安心してください。訪問とかは主婦スキルを重視するんで、高年齢の方が逆にニーズがあります。

      (あくまで介護職員初任者研修以上の資格を持っていればと言う課程の話ですが)

       

      その場しのぎの転職

       

      希望していた業界は何社受けても全滅。介護業界は慢性的な人手不足だから受ければ採用されるだろうと考えてる方がいます。

      私達採用担当はそういう所も見ています。面接を希望する際に、「何故当社を選んだのですか?」と質問される事があります。そこで即座に自分の言葉で答えられないと、本気でうちで働く気があるのかな?って印象を採用担当者に与えてしまいます。事前の企業リサーチは鉄則ですよ。

       

      だ況藉兇全くない

       

       

      仮にあなたが、面接官だったとしましょう。髪の毛がボサボサで、爪が長くて、スーツがしわだらけ、おまけに口臭や体臭が臭い。そういいう人が面接に来たらこれから先一緒に仕事したいと思いますか?つまりそういう事です。

       

      我々の仕事は、対人援助職なんでね、どうしても清潔感っていうものを大事にしないといけないんです。

      最近は、ある程度きちんと手入れしていれば良しとする介護企業とか施設増えてはいますが、初対面の人間にはどうしても不潔な印象を与えてしまうんです。せめて面接の時ぐらいはきちんと剃って挑みましょう。

       

      ゥ好肇譽溝兩に弱いと判断されたから。

       

      人間相手の接客業なんで、当然ストレスはかかります。入社させてあげたいのは、山々なんですけどね、直ぐに辞められると困るんですよ。ストレスに打たれ強いか見極める為にあえて心を鬼にして厳しい指摘をしてる人事担当者いる事確かです。指摘された事柄に対していかに前向きな発言をするかが、内定獲得する為の第一歩ですよ。

       

      面接で採用されるようにするためにはどうしたらいいのか?

       

       

      私達介護職の仕事は利用者の方とコミニュケーションをとるのが基本ですし、情報を共有する為に職員同士でも話します。

      ですから会話のキャッチボールが出来ないと話にならないんです

      私達採用担当が投げた質問に対してはしっかりと相手の目を見て、ハキハキした声で答える様にしてください。

       

      なんでこの仕事をやろうとしたのか。これからどのようなキャリアを積んでいこうと考えてるのか。

      採用する事によってどのような利益を施設に与えられるのか。といった具体的な内容を自分の言葉で説明すると担当者の心証はグッと良くなります。

       

      退職理由聞かれたら、絶対に前の職業の不平や不満を言わない事です。貴方のこれまでの生きざまと言うか、仕事に対する姿勢が見抜かれてしまうんです。前の職場の不満が原因で退職した場合でも、何故そう思ったのか自己分析してポジティブな言葉に変換するといいでしょう。

       

      介護職が退職を決意する2つのケースを例に挙げます。

      ゝ詢舛安かったから・・自分の能力を正当に評価してくれる施設で働きたいと思った。

      ⊃祐峇愀犬最悪だったから・・・他の職員と協力して、質の高い介護サービスを提供したいと思った。

       

      大切な事は、こういう事に挑戦したいから転職を決意しましたと、前向きな言葉を面接官の方にいう事です。

      面接官と言えど、人の子です。「こいつやる気ありそうだな。元気だし、取り合えず採用して様子みるか」って思いますよ。

       

      就職活動を攻略するには、専門業者に対策を依頼するとよい

       

      介護専門の職業紹介屋さんに登録すると、企業に関する情報提供~面接突破する為の実践的なノウハウ、給料交渉全部やってくれます。担当となる方と2人3客で戦うといいですよ。

      彼らは、求職者の面接現場に同行して、それぞれの施設の面接担当者の人柄とか、過去面接した際の担当者の質問を記憶してます。

       

      これから、面接にいくところの採用担当者は、男性の施設長の方です。この方は過去こういう内容の質問をしていました、それに対してあなたはどう答えますか?答えてみて下さい。って言われます。簡単にいうと予行演習です。ちょっとまずい答え方だなと判断した場合には、こういう風にいうと印象良くなりますよって感じで修正してくれます。内定勝ち取りたいなら、それは素直に頭に叩き込んでおくといいです。

       

      転職会社は、あなたを介護施設に入職させる事で、会社としての売り上げが上がるんです。ですので、エージェントさんは必死にあなたの長所を探して施設の面接担当者さんにアピールします。つまり強力に援護してくれる訳です。大船に乗ったつもりで、挑まれたら良いですよ。

       

      長くなったんで、詳細は別のページに書きます。良ければ読んでみて下さい。

      きっと為になると思いますよ。

       

                                スポンサードリンク            
                               
      続きを読む >>

      | 1/1PAGES |

      PR

      スポンサーリンク

      ブログランキング

      PVアクセスランキング にほんブログ村                 

      プロフィール

              

      ブログ内検索

              
                       

      カテゴリー

                

      アーカイブ

      注目記事

      最新のコメント

      メタ情報

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM